日本生体咬合学術協会

お問い合わせはこちらから
日本歯科頭痛研究会

頭痛と総合医療・共同研究

歯科領域で、”親知らずを抜歯したら頭痛が改善した”、”歯の治療をしたら頭痛が改善した”などの経験をされている方は少なくないと思われます。しかし、これらの真実が事実という学問に還元されていない事は歯科界において大きな問題と言えます。したがって頭痛で悩む多くの患者の為にどのような頭痛が咬合と関連し又は関連しないのかを解明することは今後歯科医療にとって大切な課題だと考えてます。

国際頭痛学会では下記の如く、機グ貅\頭痛 供テ鷦\頭痛 掘テ部神経痛、中枢性・顔面およびその他の頭痛の3部に分けられています。

国際頭痛学会分類第2版;IHS、1988→2004改定

.第1部;一次性頭痛(4分類)
   1.片頭痛(Migraine)
   2.緊張型頭痛(Tension-type headache)
   3.群発頭痛およびその他の三叉神経痛・自律神経性頭痛
   4.その他の一次性頭痛

.第2部:二次性頭痛
   5.頭頸部外傷による頭痛
   6.頭頸部血管障害による頭痛
   7.非血管性頭蓋内疾患に伴う頭痛
   8.物質あるいはその離脱に伴う頭痛
   9.感染症に伴う頭痛
   10.代謝障害に伴う頭痛(低酸素症など)
   11.頭蓋骨、頸、眼、耳、鼻、副鼻腔、歯、口あるいはその他の
     顔面・頭蓋の構成組織の障害に起因する頭痛あるいは顔面痛
   12.神経疾患による頭痛(追加)

.第3部:頭部神経痛、中枢性・顔面およびその他の頭痛(2分類)
   13.頭部神経痛、中枢性顔面痛
   14.その他の頭部神経痛、中枢性あるいは原発性顔面痛

・これまでの研究報告から
これらの病的咬合因子を不正咬合にあてはめると
1.過蓋咬合では上顎前歯による下顎の運動制限と下顎の後方偏位が特徴的で、その結果、主に後頭部の筋緊張  度が高まり、肩こりや緊張性頭痛が生じやすいと考えられます。治療としては、スプリントで咬合拳上することによ  り病的咬合因子が改善されやすくなり、慢性頭痛の改善につながります。

2.開咬では、開咬部位が上顎第二小臼歯まで及ぶ場合、咬合重心というべきオクルーザルパワーゾーンの異常がみられ、閉口時に咬合干渉が生じやすい状態にあります。側頭筋は、咬合時に上顎第二小臼歯の対咬接触が得られないため、等張性収縮から等尺性収縮に十分いたることができず、結果として側頭部筋の不活性化が生じることになります。それにより側頭動脈が常時圧迫され、偏頭痛(拍動性頭痛)が生じやすいと考えています。治療は、光重合レジンやスプリントで上顎第二小臼歯部の対咬接触回復を行う。それにより、その場で側頭筋が活  性化し、咬合力も増大し、片頭痛が改善されることもあります。 また、咬合が関連して筋膜に異常なスパズムが  生じて頭痛を発症していることも十分考えられます。このように一次性頭痛の多くが咬合治療により改善されることが少なくない事は歯科領域のなかでは当然であっても、医科領域では咬合異常のことは診断できないために頭痛分類に取り上げられていないのが現状です。これは、歯科界の大きな責任とも言えるでしょう。
したがって、これからの歯科医学として、どのような病的咬合因子がどのような頭痛と関連するのか、さらにいか  に予防していくかなど詳細に調査していく必要性があります。

お知らせ
[2013.12.20]
日本生体咬合学術協会設立についてのご案内

 このたび当学術協会は医科と歯科の総合医療システムを確立するために、組織を日本咬合関連性頭痛・鞭打ち症研究会を改め、2013年10月1日より
『日本生体咬合学術協会 日本歯科頭痛研究会/
日本歯科鞭打ち症研究会/
日本歯科矯正咬合研究会/
日本歯科プロスポーツ研究会/
日本無口蓋総義歯研究会/
乳児・咬合研究会』の研究会を総合して協会として再発足することになりました。

[2013.5.22]
第1回日本生体咬合学術セミナーのお知らせ

講演会予定日程変更のお知らせと臨床コースへのご案内

昨年度の会報にてご案内させていただきました講演会開催日程予定の変更をご案内させて いただきます。
昨年度ご案内させていただいた講演会日程
6月 9日(日)予定:第1回公開講座(生体咬合の真髄と総論および歯原病)
9月 8日(日)予定:第5回全身咬合学会頭痛部会・咬合関連性研究会合同講演会

変更後日程
8月 18日(日)
第1回日本生体咬合学術セミナー
(第5回全身咬合学会頭痛部会・咬合関連性頭痛・鞭打ち症研究会合同講演会)
6 月、9 月両日にて開催予定でした講演会を、8月同日にて合同開催と致しました。
以上の日程(8 月 18 日)で決定となりましたので、是非ともご参加いただけますようご検 討宜しくお願い賜ります。

尚、非会員に先立ち会員の方優先に申し込み書をお送りしてお ります。今後日本歯科医師雑誌、商業雑誌、大学展示ポスター等でも告知予定です。

講演 は実習を含めたこれまでにない充実した内容となります。席には限りがございますので、 参加希望の方はお早めにお申し込み下さい。

また、下記臨床コースも随時開催しております。
第一期はご好評につきすぐに満席とな りました。次回第二期開催日は検討中です。
次回会報をお待ち下さい。

第一期特別臨床コース(3〜7 月水曜PM8:00〜・木曜AM10:00〜開催):歯科医師のみ
第一回 臨床基礎コース …スプリント実習
第二回 臨床応用コース …咬合調整実習
第三回 インストラクターコース …歯科臨床から生体治療まで
※現在上記三回のコースをA・B・C枠各 10 名ずつの定員で開催しております。

第二期 日程検討中
【参加費】(各コース毎の料金) ・会員(優先受付)48,000 円 ・非会員 60,000 円
ご不明な点がございましたら、日本生体咬合学術協会事務局までお問い合わせ下さい。TEL:045-847-0860 FAX:045-845-7117

[2013.2.15]
一般社団法人日本全身咬合学会頭痛部会・日本咬合関連性頭痛研究会
                    第4回合同講演会を開催いたしました。

2013年2月10日(日)東京駅前八重洲口あすか会議室に於いて標記の講演会を開催いたしました。
参加者の皆様の熱い熱気に包まれ、盛会のうちに終了いたしました。

[2013.1.18]
2013年度日本咬合関連性頭痛研究会開催について

日本咬合関連性頭痛研究会上半期の予定をお送りします。
今年度は、未来の歯科医療に向けての前準備として、これまで入会されている方々主体に行います。
通常の研究会講演会とは別に、希望者には特別臨床コースを行います。

[2012.5.17]
一般社団法人日本全身咬合学会頭痛部会・日本咬合関連性頭痛研究会
第3回”合同講演会” 開催のお知らせ

今回の記念講演会は日本全身咬合学会頭痛部会と日本咬合関連性頭痛研究会の合同講演会です。

[2011.9.13]
日本咬合関連性頭痛研究会年会費納入のお願い
[2011.6.21]
義援金寄付のご報告

2011年6月5日(日)講演会費の一部を東日本大震災の義援金として日本赤十字社に送金いたしました。
 今回、ご参加下さいました皆様への感謝とともに、一日も早い大震災からの復興をお祈り申し上げます。

日本咬合関連性頭痛研究会会長 中村 昭二

[2011.6.14]
一般社団法人日本全身咬合学会頭痛部会・日本咬合関連性頭痛研究会
第二回合同講演会を開催いたしました。

2011年6月5日(日)東京日本橋のスタンダード会議室に於いて標記の講演会を開催いたしました。
参加者の皆様の熱い熱気に包まれ、盛会のうちに終了いたしました。

[2011.4.5]
北関東大震災による振り替え講演会、及び義援金の寄付について

先日の北関東大震災による被災の影響の為、先の3月13日に予定しておりました講演会が中止となっておりましたが、下記の通り振り替え講演会の開催日程が決定いたしましたのでお知らせいたします。

また、日本咬合関連性頭痛研究会会長中村昭二の提案により、今回の講演会の参加費の一部を被災地への義援金として日本赤十字社へ寄付する事と致しましたのでご報告申し上げます。

[2011.3.12]
第2回合同講演会中止のお知らせ

2011年3月13日(日)の第2会合同講演会は、地震のため中止になりました。
今後の予定については、あらためてご案内させて頂きます。
皆様には、ご迷惑をお掛けいたしまして申し訳ありません。

[2011.3.2]
お知らせ

平成23年2月21日 NHK総合、朝の情報番組「あさイチ」に本研究会会長 中村昭二が出演しました。

番組内では「かみ合わせ」を題材にし、約30分間とりあげられ、
咬合関連性頭痛の治療等放送されました。

[2011.1.31]
一般社団法人日本全身咬合学会頭痛部会・日本咬合関連性頭痛研究会
第2回”合同講演会” 開催のお知らせ
[2010.11.8]
日本咬合関連性頭痛研究会”発足記念講演会”を開催しました。

今回の記念講演会は日本全身咬合学会頭痛部会と日本咬合関連性頭痛研究会の合同講演会です。

続きはこちら
【過去の講演会】第1回日本生体咬合学術セミナー

2013年8月18日
ヒューリックホールに於いて第1回日本生体咬合学術セミナー
(一般社団法人日本全身咬合学会頭痛部会・日本咬合関連性頭痛・鞭打ち症研究会第5回合同講演会)を開催しました。

総合医療から見た新歯科医学の胎動
「頭頸部ファンクショナル咬合と前進機能」

会場は、参加者の皆様の熱い熱気に包まれ、盛会のうちに終了いたしました。


講師:中村昭二


会場の様子

| TOP | 日本歯科頭痛研究会 | 日本歯科鞭打ち症研究会 | 日本歯科矯正咬合研究会 | 
| 日本歯科プロスポーツ研究会 | 日本無口蓋総義歯研究会 | 乳児・咬合研究会 | お問い合わせ |